野菜ソムリエ Hiro のベジフルポケット


アルプス乙女
アルプス乙女と金柑・比較
先日入荷。
***************************************************************
歴史
長野県松山市のふじと紅玉の混植園で波多腰邦男氏が紅玉(内山紅玉)の実生を育成・選抜したとされている。(偶然実生(偶然発見されたもの)との記述も多々あり、どちらか分からない。)昭和40年以降に、飛行機の機内食用として広まる。縁日のりんご飴のりんごでもある。
産地
長野だと思われる
時期
収穫時期10月中-下旬。(長野で10月上旬に熟すとの記述もある。)
見分け方
通常のりんごと同様と思われる
栄養

料理

保存
通常のりんごと同様と思われる
販売のポイント
・甘みもあり、適度に酸味もある。
・小さいから味が落ちることはない
・小さなりんごは渋みと酸味が強く出るものだが、抑えられている
・観賞用にも。
その他情報
・重さ25-50g
・果肉はやや粗い。
・ふじと紅玉が親と考えられているが、花粉親が姫リンゴ の可能性があるらしい
・姫りんごと呼ばれることもある。
 (実際の姫りんごは、「エゾノコリンゴ」と中国原産の「イヌリンゴ」との交雑種とい
 われている。)
・英名はない
***************************************************************
偶然見つかったものなのか、育成されて作り出されたものなのか曖昧。
果肉が粗いながらも、味は良いので、人気なんでしょうね。
金柑と大きさを比べてみると、一回り大きいぐらいでした。かわいいです。
子どものころはりんご飴のりんごの品種なんて気にしていなかったのですが、
アルプス乙女なんですね。

スポンサーリンク

にほんブログ村ランキング参加中!クリックしていただけると嬉しいです!
にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへにほんブログ村 グルメブログ 野菜(グルメ)へにほんブログ村 グルメブログ フルーツへ

down

コメントする




カテゴリー

開く / 閉じる
%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc%ef%bc%92


スポンサーリンク