野菜ソムリエ Hiro のベジフルポケット

カルビル・ブランク・ ディベール / Calville Blanc d’Hiver Apple

time 2014/10/29


calvilleblancdhiver1025no2

品名

カルビル・ブランク・ ディベール / Calville Blanc d’Hiver Apple

原産

およそ1598年のフランスで生まれ、ルイ13世によって育てられたといわれる。
アメリカではモンティチェロ(バージニア州シャーロッツビル)でアメリカ独立宣言の起草委員およびアメリカ合衆国第3代大統領を務めたトーマス・ジェファーソンによって育てられた。

親品種

収穫時期

10月下旬

保存期間

3ヶ月

食べ時

11月以降

主な用途

生食 / 調理
風味に富んでいて料理しても煮崩れしにくい

その他の情報

オレンジよりもビタミンC含有量が多い。
薄緑の果皮で中から大サイズが一般的。
果肉は柔らかくてジューシー。

 

Hiroのメモ書き

カルヴィル種系のリンゴの一つだそうで。カルヴィル種自体をを知らないので何とも言えないのですが。
丸のままのリンゴの実をパイ生地で包んで焼いたフランスの菓子「ブールドロ」にはノルマンディー特産のカルヴィル種を使うのが正統だそうです。(wikipediaより)
実際食べてみると、歯ごたえがかなり良く、酸味が強めのりんごでした。このことからも調理向きであり、煮崩れしにくそうな印象を受けました。
 


※UBC植物園の「The Apples of the Apple Festival variety descriptions」を参考にさせていただいています。収穫時期もカナダに沿ったものだと思います。

 

スポンサーリンク

にほんブログ村ランキング参加中!クリックしていただけると嬉しいです!
にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへにほんブログ村 グルメブログ 野菜(グルメ)へにほんブログ村 グルメブログ フルーツへ

down

コメントする




カテゴリー

開く / 閉じる
%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc%ef%bc%92


スポンサーリンク