野菜ソムリエ Hiro のベジフルポケット

西洋フキやセリetc.!カナダのスーパーで発見した韓国産の珍しい春野菜11種類

   

先日SNSでもお届けしたのですが、カナダBC州バンクーバーにある韓国系スーパー HMart春野菜コーナーを見つけたんです。

バンクーバーで暮らしていて6年が経ちましたが、春野菜コーナーなんて今まで見たことがなかった(それもどうかと思うが)ので、めちゃくちゃ嬉しくなりました。(日本では春野菜コーナーはどこでも見かけると思うので、ちょっと悔しい笑)

ここで問題が発生したのが、「え、何この野菜( ^ω^)・・・一回も見たことないんですけど(汗)しかも韓国語でも英語でも何かよく分からない・・・」ということ。

しかし!SNS上で繋がりのある皆さんに質問したところ、想像以上にたくさんの回答をいただくことができて、どんな春野菜なのかある程度突き止めることができました!(本当にありがとうございます泣)

93518044_670630727026129_6913386630468337664_n

そこで今回は、皆さんに聞いて分かった韓国系スーパーで見つけた春野菜11種類を簡単ながらまとめてみました。

注意※ 今回の記事の内容は、野菜ソムリエHiroが韓国の青果について知っていれば(+韓国語が読めれば)良かったのですが、残念ながら韓国語が読めない+韓国の野菜について全く詳しくないので、皆さんから教えてもらったコメントと、日本語・英語での検索結果を元にまとめた記事です。

もし間違いなどあれば、お手数ですが教えてください。すぐに修正したいと思っています。

1. 西洋フキ(Butterbur)

90263385_1822591887864623_8115801233660313600_o

最初はこちら!これは見れば分かりますよね!フキです( ′⌄‵ )♪
野菜ソムリエHiroはフキはバンクーバーでは売られていないものと捉えていたので、すごく嬉しかったです。

ただ、パッケージの英名からするに、フキはフキでも「西洋フキ(バターバー)」みたいです。

日本のフキと似ていますが同属別種で、バターバーという英名は温暖な地域で、その葉っぱでバターを包んでいたという伝統的な使用法に由来するそうです。

また、驚くことに2012年には英国がバターバーを含む製品は健康被害をもたらす可能性があるとして制限・禁止しているそうです。

厚生労働省ウェブページにも同内容が掲載されていたり、2018年11月に更新されている千葉市のウェブサイトにも同様のことが記されているので、けっこう危険性のある野菜みたいです。(逆にバンクーバーのスーパーで売っていたことに今さらながら驚いています。買わなくてよかった・・・)

ちなみにルバーブとも似ていますが、ルバーブはタデ科で別物です。分かりづらい~(´;ω;`)ウゥゥ
 

2. アマランス(Amaranth)

90264152_1822591837864628_3928855655099662336_o

アマランスは、正式にはアマランサス(Amaranthus)というヒユ科の植物。調べてみると、種子は穀物としてキヌアみたいに健康食品として扱われていることが分かりました。

また、アジア圏ではアマランスの葉がよく利用されるそうです。日本ではアマランスの一種であるヒユナが出回っていますが、今回見つけたものとは見た目が全然違うので、また違うアマランスなのかもしれません。

ちなみに「この野菜知ってる人ー!」と聞いてみると、「モロヘイヤの若葉」というコメントもいただきました。たしかにけっこう似てますよね!

 

3. ヒカゲミツバゼリ(Chamnamul)

89517705_1822591917864620_4072964963365289984_o

こちらも「この野菜の名前知ってる人いますか・・・?」という問いかけに対して、「ミツバでは?」という声が多かったのですが、英名で検索してみると「ヒカゲミツバゼリ」というそうです。(100%確かじゃないです)

検索結果数が少なすぎて、もしかしたら本当の日本名は異なるかもしれませんが、やっぱりミツバの一種であることに間違いは無さそうです。

YouTubeに「ヒカゲミツバゼリの浅漬けキムチ」という韓国らしいレシピもありましたよ。韓国では一般的なのかもしれません。

 

4. セリ(Stone Dropwort)

90262073_1822591881197957_7467649952403947520_o

正直なところ「stone dropwort」と検索しても何一つ正確にはヒットしなかったのですが、「dropwort」は日本語で「セリ」なので、セリの一種で間違いないようです。

野菜ソムリエHiroのFacebookページでは、「韓国ではセリをお鍋に入れたりして食べますよ!」「韓国語でミナリって読みます。キムチやナムルに使います」というコメントもいただきました( ◠‿◠ )アリガトウゴザイマス!

 

5. ボタンボウフウ?(Japanese Hog Fennel)

89744226_1822591841197961_1664055014064128000_o

なんと英名に「Japanese」と入っていたので、どんな野菜なのか突き止めやすいかと思ったのですが、英語で検索しても全然日本語名が分かりませんでした(泣)

そんな中、こだわり野菜の業務卸専門店として知られている Bonnie Tone さんが「これはボタンボウフウかも?」というコメントをくださいました。(このコメントがなかったら、永久に分かっていなかったと思うw)

野菜ソムリエHiroはボタンボウフウの存在すら知らなかったのですが、調べてみるとたしかに似ています!↓

また、「明日葉では?」というコメントもいくつかいただいて、写真を比べてみると確かに似てましたが、明日葉よりはボタンボウフウの方が見た目が近かったです!

葉物って似たものが多いので、「名前が分からないと識別が大変だな~」と改めて感じました。。。

 

6. シラヤマギク(Wild Aster)

89731618_1822591857864626_1057193267763871744_o

こちらも一人では全然分からなかったのですが、「シラヤマギクです!」とコメントをいただき、判明しました。

調べてみると、日本ではあまり食用として見られていないようですが、韓国ではナムルにしたりと一般的に使われているみたいですよ。

韓国現地でシラヤマギクの料理をぜひいただいてみたいです。


 

7. ナズナ(Pickpurse)

89957146_1822591947864617_2031741507802759168_o

だいぶ枯れてきていたこちらの野菜は、「ナズナではないか?」というコメントを複数いただきました。(写真見ただけでどんな野菜か分かる人は、本当に尊敬!)

野菜ソムリエHiroは今まで春の七草に入っている少量のナズナしか見たことがなかったので、全く気付きませんでした(汗)

色々自分でも調べてみたのですが、↑の韓国観光公社(ビジットコリア)さんによるツイートのハングル文字を見てもスーパーで見つけたやつと商品名が一致!ということで、ナズナ確定!

 

8. ヨモギ(Mugwort)

90470480_1822592091197936_1757813634739732480_o

これは野菜ソムリエHiroもかろうじて見た目で分かりましたw
英語も Mugwort が日本語でヨモギなんですよね。普段全然使わないので、初めて知りました。

この写真を投稿したところ、多くの方が「ヨモギ!」とコメントくださったので、皆さん正解でした!んー、天ぷらにしていただきたい( ^ω^)・・・

 

9.ニガナの根(Ixeris)

89739671_1822591864531292_5543758835795099648_o

こちら、またもや Bonnie Tone さんに教えてもらったのですが、ニガナの根らしいです。

そこで調べて見ると、英名の Ixeris は日本語でニガナを指すことが判明したので、ニガナの根で間違いなさそうです。

ただ、「ニガナ 根」みたいに検索しても全然写真とか情報が出てこないんです(涙)「このインターネット社会でここまで情報がないとは」と逆に感心しました。もしかしたら韓国語で検索しないとダメなのかもしれません。

もしどなたかニガナの根についての情報をお持ちでしたら、ぜひ教えてください。

 

10. 多分 タラの芽(Osmund)

90053509_1822591954531283_1434691893463089152_o (1)

10種類目は多分タラの芽。日本だとこんなにぐーんと伸びたタラの芽を個人的に見たことがないので、「多分」と付けました。こんなに伸びてるものを食べるのが一般的なのでしょうか・・・?

あとパッケージの名前を見ると「Osmund(=ぜんまい)」と書いていて、もう混乱祭り。ぜんまいってクルクルっとしたやつですよね・・・?↓

韓国語が読める方、ぜひ教えてくださいm(__)m

 

11. 結局謎の春野菜 (Sultmarsh sand spurry)

89514409_1822591911197954_7527320766270930944_o

最後は英名を見ると、なんかすごいカッコいい響き「ソルトマーシュサンドスプラッシュ」。一体どんな野菜なのか訳が分からなかったのですが、パッケージの綴り「Sultmarsh Sand Spurry」で検索すると何も出てきませんでした(・_・;)お店の人ー!助けてー!誤字ー?!

そして、サジェスチョンで出てきた「Saltmarsh Sand Spurry」で検索してみたところ、やっぱり訳が分かりませんでしたw

検索でヒットした iNaturalistというウェブサイトにSaltmarsh Sand Spurry の写真が出ていて、かなり見た目が近かったです。また、分布図も出ていたのですが、どうやら日本には生えていないようでした。

「この野菜について誰か知りませんかー?」とSNSで聞いたら、「おかひじきでは?」「アグレッティ(イタリアのおかひじき)かも!」という声もいただいたのですが、100%正確な情報を得ることができなかったので、今回は謎野菜としました。

ちなみにインスタグラムのハッシュタグでも調べてみたのですが、以下の投稿しか見つかりませんでした、、。一体何なんでしょう、この野菜は・・・。

 

まとめ:やっぱり国ごとに食べる野菜も違って面白いと実感

90047183_1822591824531296_6349899831904829440_o

ということで、合計11種類の韓国からカナダに輸入された春野菜を紹介しました。

野菜ソムリエHiroは(一応)英語が使えるので、今まで「ふはは、日本語の情報と英語の情報どちらも手に入れられるからラッキー」みたいに考えていたのですが、韓国語はサランヘヨぐらいしか知らないので、今回の件は英語が全く役に立たなかったです(汗)

それにしても、やっぱり各国で食べる野菜が違うのは面白いな、と改めて思いました。もし韓国の野菜果物カルチャーに詳しい方がいたら、ぜひ声をおかけください!

新型コロナウイルスの影響が収まったら、ぜひ自分の足で韓国に行って、現地の野菜果物を見て回りたいと思っています。(それにしても一番最後に紹介した野菜が何なのか気になる・・・)


ひと目でわかる! おいしい「山菜・野草」の見分け方・食べ方 Kindle版


農家が教える加工・保存・貯蔵の知恵―野菜・山菜・果物を長く楽しむ (日本語) 単行本


うまい雑草、ヤバイ野草 日本人が食べてきた薬草・山菜・猛毒草 魅惑的な植物の見分け方から調理法まで (サイエンス・アイ新書) (日本語) 新書

 - せり, たらの芽, よもぎ, アマランス, シラヤマギク, ナズナ, ニガナの根, ヒカゲミツバゼリ, ボタンボウフウ, 蕗(ふき), 西洋ふき , ,