野菜ソムリエ Hiro のベジフルポケット

カナダでデルモンテのピンクパイナップル(ピンクグロウ)購入!実際に食べてみた感想は?

   

先日も記事でまとめたフレッシュデルモンテ社が開発したピンク色の新パイナップル「Pinkglow(ピンクグロウ)」

「どんな味がするか食べてみたい」「今からピンク色のパイナップルをどう料理に使うか考えている」という方もいるかと思います。

pinkglow

以前野菜ソムリエHiroも、先日カナダ東部トロントでピンクパイナップルが手に入るようになったというニュースを見て、「バンクーバーに来るのはいつなんだろう・・・!早く買えるようになってくれ~!(悲願)」という気持ちでいっぱいだったんですね。

そんな中、思いのほか早くピンクグロウをゲットーーー!!やったーーーーー!!今回は、写真多めに実際に食べてみた感想をお伝えします。

 

カナダBC州バンクーバーでピンク色パイナップル「ピンクグロウ(Pinkglow)」を発見!⇒購入まで

日頃からインスタグラムで野菜果物の情報を収集(というか、美味しいそうだな~と眺めるだけ)するのが日課の野菜ソムリエHiro。

いつものようにインスタグラムのストーリーを見ていたら、メトロバンクーバーのリッチモンド市にある青果のホームデリバリーを行っている「Exotic Orchard Produce」の投稿が目に飛び込んできたんです。それがこちらです↓

150865672_135462645119869_8096653107179514336_n引用: Exotic Orchard Produce Ltd.

「NANI(何)———————-?!?!?!?!」ってなりました。

一瞬頭が混乱したのですが、これは間違いなく夢にまでみたデルモンテ社のピンク色パイナップル「ピンクグロウ(Pinkglow)」

そして「プリオーダー(先行予約)が可能」とのことで、神様が自分の願いを聞いてくれたのかと思って飛び跳ねましたよ。

バンクーバーへついにピンク色パイナップル上陸キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!ってなりました。

153593191_810989069762945_550420739528395548_n引用: Exotic Orchard Produce Ltd.

続いてのストーリー投稿では、 Exotic Orchard Produce のウェブサイトでのピンクグロウ購入方法が掲載されていました。

気になるお値段は1玉 49.95カナダドル!日本円で4,180円くらいでした。これが「高いな・・・」と思う方も多いかと思いますが、前からずっと食べてみたかったので、即購入♪(以前10ドルOFFクーポンをもらっていたので、39.95ドルで購入することができました。しかも配達料無料)

タダオゴールドなど日本のブランドパイナップルも同じくらいの価格 or もっと高いので、そう考えると悪くないお値段(なはず)!

pinepink(スクリーンショット機能ではなく、携帯のカメラで画面を撮影汗)

デリバリーは約1週間後とのことだったので、それまで実際に食べるのが楽しみすぎました。

ちなみに、ピンクグロウの公式サイトに掲載されているピンクグロウ販売サイト「Tropical Fruit Box」では $49.00 で販売しているのですが、こちらはアメリカドル!日本円だと5,200円くらいなので、今回購入したものの方がお買い得でした~♪ラッキ~♪

 

ピンク色のパイナップルがついに手元に到着!実際のところ大きさはどうなの?

2021年2月27日、ついにピンクグロウが手元に届きました!それがこちら↓

p5

いや~!幸せ・・・。ピンクグロウがコスタリカ産であることが箱に書かれていました。

お値段に見合った(?)美しい箱のつくりで、ギフトにも使えますよね。顔を近づけるといつものパイナップルの甘い香りがしました。

p6

各側面は穴が真ん中に開いていて、箱の中のパイナップルが確認できるのもオシャレな感じ。こちらの面では、各SNSの紹介や、「ピンクグロウ」という名前やロゴ、そしてキャッチコピー(?)である「ジュエル・オブ・ザ・ジャングル」が既にトレードマークとして登録されていることが記されていました。

p5

また、せっかくなので、上の写真の面に記されているものを意訳してみました。

(意訳)
あなたの宝物が到着しました

海と陸を経て、ピンクグロウは遠方からあなたの手元に届きます。 あなたがこの16年かかって生まれたパイナップルをスライスするとき、その輝く美しさを見ることになります。

このエレガントにパッケージされたパイナップルは、ピニャ・コラーダをピンクに変えるのに最適です(ピンク・コラーダとでもいいましょうか)。あなたの次のパーティーの目玉、または全てを持っているような人への贈り物にもぴったりです。

私たちは冠部分を取り除きパッケージしています。これはこの希少性の高いパイナップルの冠部分を植えることで、次の作物を育てる持続可能な栽培スタイルのためです。

p1

さらに、栄養価の情報も発見。

ピンクグロウは可食部100gのカロリーは50kcalとのこと。調べてみると、こちらのサイトでは普通のパイナップルのカロリーが51kcalだったので、大差なかったです。

また、目立つところをピックアップしてみると、可食部100g中にカルシウムが13mg、ビタミンCが40㎎、カリウムが156mg含まれているとのことでした。

p10(ピンクグロウといっしょに写真が撮りたくて、わざわざ外出ww)

さらに、果実はそこそこ小さいのかと思ったら約1.36kgということで、持った感じけっこう重かったです。片手で持つとそこそこ辛い感じだったので、果実の詰まりっぷりもなんとなく伝わるかと思います。

張りがあって、美しいゴールドっぽい色合い・・・。明らかに品質の良さが見た目に出ていました。

 

デルモンテの「ピンクグロウ」を実際に食べてみた感想は?

p10

それではピンクグロウ、いざ実食です!(ドキドキ)「果肉が普通のパイナップルみたいに黄金色だったらどうしようw」と思いながらカットしたときの動画はこちらです↓

ということで・・・・

p4

じゃん!!!!パッケージと同じような美しいピンク色の果肉が顔を出しました~!今までずっとこれが見たかったので、この瞬間が一番感動しました。

色合いが超美しくないですか?!(写真から伝わってたらいいのですが・・・)

p11

p17

今回は上のようなカタチに切って、芯もいっしょに食べてみたのですが、「久しぶりに満足できるパイナップル食べたーーーー!!!!」っていう気分になりました。(芯も硬すぎなかったので、気にせず食べられました)

カナダで暮らしていても、もちろんパイナップルをたまに食べるのですが、「カナダで手に入るパイナップルは、日本で食べていたパイナップルには糖度で敵わないな~」と今までずっと思ってたんですね。(日本は糖度重視のブランドパイナップルが普通に出回っているようなイメージがありますが、カナダはそこまでないという個人的なイメージ)

なので、ピンクグロウを食べてみて、その甘みの強さとジューシーさにとても嬉しい気持ちになりました。

p21

そもそもピンクグロウの公式サイトには「通常のパイナップルより甘みが強く酸味が少ない」と書かれていたのですが、まさにその通りだと思いました。

実際一部の糖度を計ってみると、糖度15度を示していました~。(部位?によってパイナップルは糖度が違うので、参考までに)

15度は多分パイナップルの平均ぐらいの糖度になるかと(勝手に)思っているのですが、それでも酸味具合と果汁の多さも相まって、ピンクグロウを食べることができてとても幸せに感じました~!ジューシーなパイナップル最高ーーーー!!

p63

ちなみに、この記事を書いている時点でまだ冷蔵庫にカットしたピンクグロウを保存していますが、やはり1玉49.95ドルということで安くはないので、今回は1玉まるまる生食で楽しみたいと思っています♪

 

最後に:早く日本でも入手可能になって欲しい!

p43

ということで、いかがでしたか?

カナダにお住まいの方はもちろん、日本にお住まいの方も、「ピンクグロウを一度は食べて欲しい!」と個人的に思いました。(野菜ソムリエHiroがピンクグロウを購入したExotic Orchard Produceでは、さっき確認すると売り切れになってました・・・)

淡いようなピンク色の果肉は超魅力的!インスタ映えする見た目かつまだまだ知られていない果物なので、家族や友人に驚かれること間違いなし( ◠‿◠ )

ぜひ皆さんがお住まいの場所でピンクグロウを見かけた際は手に取ってみてください。また、日本で手に入るようになったときには、野菜ソムリエHiroにもSNSで教えてくださいね~!


【お得】美酢「ミチョ」900ml 飲みくらべ4本セット(ザクロ・もも・マスカット・パイナップル) ギフト にも 美味しい お取り寄せ


パール金属 ベジクラ パイナップルローリングカッター C-9120


デルモンテ パイナップル ジュース 750ml×6本

 - ピンクグロウ ,